<< まだまだ活動が広がるベルマーク | main | クリスマスにキッチン用品をプレゼント >>

干支の「丑」はなぜ「牛」でない?

いよいよ年末となりました。

そろそろ書き始めないと間に合わない年賀状、
みなさんはもう書き終わられましたか?

ところで、来年の干支は「丑」年ですが、
なぜ「牛」ではなく「丑」なのでしょう。
「丑」は、ちゅう・うしと読み、十二支のひとつです。
通常、十二支の中で2番目に数えられ、前は子(ねずみ・ね)、次は寅(とら)ですね。

しかし、なぜ「丑」という字を書くのでしょうか。

もともと十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)は、
数を数えるための記号で、古くは動物とは無関係だったのですが、
文字にわかり易い動物をあてはめることで、
一般の人が覚えやすいようにしたものなのだそうです。

そのため言葉としても「丑三ツ刻」、「土用の丑の日」と、
動物とはまったく関係のない意味で使われます。
「丑三ツ刻(うしみつどき)」とは、
丑の刻、午前2時を中心とする約2時間(午前1時頃から午前3時頃)のことで、
これを4等分した3番目なので、午前2時頃から午前2時半頃をさします。

「丑」という字は、手の指を曲げて物を握る様子を表した象形文字で、
つかむ、からむという意味があり、芽が種子の内部で伸びきらない状態を表しています。現在でも、「紐」などの漢字がそれを表しています。

この字を覚え易くするために動物の「牛」が割り当てられたということなのです。

ちなみにこれは、中国の暦法で十二宮(方角・時刻)を表すもので、
これに各々獣を当てはめたのに基づくといわれています。

「丑」と「牛」はまったく無関係でありますが、
今ではすっかり動物の「牛」のことになってしまっているようです。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
チーム笑楽WEBサイトへ
名古屋のホームページ作成の事ならチーム笑楽
calendar
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
名古屋・小牧ホームページ作成の事ならチーム笑楽
powered