<< ペットボトルのキャップが子どもたちのワクチンに | main | 干支の「丑」はなぜ「牛」でない? >>

まだまだ活動が広がるベルマーク

先日、ペットボトルのキャップがワクチンになるというお話をしました。
そこで思い出したのがベルマーク。
昔はよく目にしたベルマークは、最近どうなっているのでしょうか。
「ベルマークはまだまだ活躍」

ベルマークは、朝日新聞社創立80周年記念事業として1960年に始まった
教育設備の助成を目的とした運動で、「ベルマーク運動」と呼ばれています。
ベルマーク
このベルの形は「国内外のお友達に“愛の鐘”を鳴り響かせよう」
との意味合いがあるのだそうです。

この商品の包装紙につけられたベルマークを切取り集めて送ることにより、
点数に応じて、教育機関や福祉団体が設備購入の助成が受けられるという仕組みです。
助成を受けられるのは教育施設・福祉団体に限られるそうです。

ベルマークはどんな商品にもついている訳ではなく、
協賛会社の食品、文房具、日用品といった家庭品のパッケージなどに印刷してあります。
ベルマークは、1点1円換算で預金化され、
預金を利用して商品を提供してくれる協力会社から設備を購入することができます。

この協力会社は、楽器・自転車製造業者・事務機器メーカー・書籍取次店・
スポーツ器具メーカーなどで、教育に直接関係ない商品は購入出来ないのだそうです。

こういった運動で、教育機関や福祉団体の備品が充実していきました。

しかし、1980年代以降、教育施設の設備の充実や少子化、
企業の撤退が相次ぎ運動は弱体化しているようです。
それでも、車椅子などを福祉団体などに寄付するという活動が行われたり、
1998年からは預金を直接海外援助資金にすることも出来るようになりました。
最近では、2006年に大学や短期大学などの学校や、
公民館や生涯学習センターなどの社会教育施設にも参加資格が拡がっており、
まだまだ必要とされている活動のようです。

ちなみにインターネット関連では、Web上で購入した商品にもベルマークがついており、
間接的に貯めることができるシステムも出来ています。

色々な拡がりを見せるベルマーク。
是非、最寄の教育機関・福祉団体にご協力を。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
チーム笑楽WEBサイトへ
名古屋のホームページ作成の事ならチーム笑楽
calendar
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
名古屋・小牧ホームページ作成の事ならチーム笑楽
powered