<< スッキリとはいかない目覚し時計たち・・・ | main | Windows Vistaは、すでに不要?! >>

ちょっと気になった、カップ麺

先日、久々にカップ麺を食べました。
カップヌードルをはじめとするカップ麺の値上がりで、
今まで以上に購入を控えていたチーム社員です。
実に何ヶ月ぶりに食べたのでしょうか。
業界大手の日清の看板商品、「カップヌードル」は、
値上げをしてから売上げが半減するなどしており、
カップ麺業界全体でも、大きなダメージを受けているようです。

そんな中、青森市発祥といわれる「味噌カレー牛乳ラーメン」のカップ麺版が
12月1日から、全国のスーパーやコンビニエンスストアで発売されます。
「マルちゃん 味噌カレー牛乳ラーメン」(東洋水産 税抜き250円)

赤・白の合わせみそと豚骨エキスをベースにしたスープに、
粉乳を合わせてコクを出し、カレー粉でスパイス感を加えた味?!

好みで牛乳を少量入れると、まろやかさが増し、違った味が楽しめるとか。
ちょっと食べてみたい気になる商品です。

数年前、日清「ヌ王 -ミルキー豚骨味-」という
北海道のローカル番組の企画商品が出たときのことを思い出しました。

昨年から、原油や原料の高騰で、
値上げや消費者離れが続くカップ麺業界ですが、
内容量を減らしてみたり、エコに力を入れてみたり、
色々な手を使っているようです。

私が注目しているのは、
昨年、日清が発表した「カップヌードルリフィル」です。
カップヌードルリフィル
「カップヌードルリフィル」(詰め替え用麺 122円)
“マイヌードルカップ”を購入して、次回食べるときからは、
詰め替え用でゴミを減らそうという試みです。

国内でも、環境意識が高まりを見せる昨今、
詰め替えタイプの商品が増えていることにも関係がありそうですね。
シャンプーや液体洗剤の詰め替え用は、もう当たり前になっていますので、
カップ麺の詰め替えタイプという発想は面白いと思いました。
まさにリデュース(ゴミの発生抑制)の考えです。

また、エースコックは、
「まるごと自然に還る わかめラーメン」を発表しました。
「まるごと自然に還る わかめラーメン」
バイオマス素材とオール生分解性のカップ麺容器で、
土に埋めても、微生物によって分解され自然に還るという商品です。
こんな画期的な商品があるとは、是非とも購入してみたいものです。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
チーム笑楽WEBサイトへ
名古屋のホームページ作成の事ならチーム笑楽
calendar
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
名古屋・小牧ホームページ作成の事ならチーム笑楽
powered